2007年06月10日

ありがとうっ!先生っ!

先日、チラッと書きました。

感覚統合のセッションに、担任の先生が来てくれました!
(で、カズキはすっかりテンショングッド(上向き矢印)で・・・
 親としてはかなり頭のイタイ場面が多く・・・バッド(下向き矢印)

しかし、セッションの間も、主催してくださったNPO団体の代表の
先生が直接担任の先生と話をしてくださり、普段の様子での対応を
具体的に話してくださったりしました。

やっぱり毎日、笑顔で話してくれる先生も、親に言えない悩みを
抱えてたんですねえ・・・たらーっ(汗)

まずは、授業中の集中について。

どうしても、マイワールドへ突入する事が多かったり、一斉指示で
動く事が苦手みたいです。

例えば、全員に向かって、
先生:「じゃあ、黒板のココをやってみましょう。」
生徒:一斉に書き出す。
カズキ:ボーーーとして、ふと、回りをキョロキョロ・・・あせあせ(飛び散る汗)
   (先生に向かって)「先生、やってもいいですかー??」

という感じ。

分からない事は先生に聞く!という事は意外と出来ているみたいですが、
皆に指示していることを、聞いていない、という事が頻繁にあるみたいです。

そこで、当日のセッションで言われたアドバイス。

「こういう子供さんたちは、『黒板を見てください』と言われても、黒板のどこを見たら良いか分りません

なので、
今、どの部分に注目したら良いか分かるように、何か目印を付けて
おいた方がいいかもしれません。

ということ。

そして、その3日後。

参観がありました。

そして、クラスを覗くと・・・・

さっそくありました!

黒板に、男の子がノートに書き写す絵カードが!
マグネットになって貼ってあります!!


そして、先生は、「今、注目するべき所」に、そのマグネットを置いて
説明してくれていました。

スゴイ!先生!ありがとう!!

しかし・・・問題が・・・。

カズキの手元には、
「その絵と同じ場所を、ノートに写しましょう」という意味で
同じ絵カードのミニチュア版。

そして、そのミニチュア版を嬉しそうに私の方に振っている姿が・・・。がく〜(落胆した顔)

おおーーい!
それはおもちゃじゃないよーーっ!!
パンチ

そんな親の気持ちも知らずに、カードに引っ付いているリングを
指に引っかけて振り回したり、自分の目をカードで隠したり、
挙句の果てには椅子からわざとこけてみたり・・・

ああーーー、親の気持ち子知らず、教師の気持ち子知らず。

その後、手元のミニチュア版を廃止した事は言うまでもありません・・・。

感覚について・感覚統合についても書いてあります。
まだまだ、大人になるまでにやる事が山積みだ!と
思わせる、結構厳しいことも書いてありますが、現実的な
問題を的確に書いてある本だと思います。お薦めです♪↓



♪にほんブログ村に参加しています♪よろしければポチっとお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
人気blogランキングへ
banner_04.gif







posted by 川上あゆ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アスペくん in 小学校〜★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。