2007年06月06日

かつては電車男だった・・・

ジャーーーーン!

PO20070525_0001.JPG

おおーっ!4、5年前のカズキだったら、「あっ!あっ!」と興奮して
見入っていた、電車!電車!電車!!

はい、先日、甥っ子に宅急便にて送りました。るんるん
(カズキよ、許せ)

当時は、朝から晩まで、一日中電車で遊んでいました。

いや、正確に言うと、
「電車を一列に並べて、一両ずつ、スーーーッと走らせて、
全て右端に走らせると、今度は右から左へスーーーッと走らせて(滑らせて)いました。」


まあーーーーーーー保育所から家に帰ると、とりあえず1時間以上、
やってましたね。。。

そして、「目線は必ず、電車の車輪位置」

こんな感じ??
PO20070525_0006.JPG

たまに、「おーーーい!顔が電車に当たっちゃうよーー!!」と
ビックリする位、至近距離で、真剣な顔!!!

まあー当時は
「なんて博士顔で研究してるのかしら!!???」ハートたち(複数ハート)
と、親バカ全開でしたけどね・・・。

それが自閉症の傾向であることを知って、冷や汗をかいたのは言うまでも
ありません。。。。

♪にほんブログ村に参加しています♪よろしければポチっとお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
人気blogランキングへ
banner_04.gif






posted by 川上あゆ at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 小さい頃のかずきくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

乳児期のカズキくん

今日はちょっと昔の事を思い出す機会があったので、小さい時のカズキの話を書いてみます。

まず、言葉を話すようになるまで、かなり長い時間かかりました。(三才で何とか単語、四才前にやっと二言文)とにかく、意志の疎通がはかれるようになるまで、長い長い時間がかかりました。

しかし、言葉が出ない意外は、結構、マイワールドに没頭している時間が長く、手のかからない子供だったな。

保育所の報告でも、
「今日は1日金魚を見てましたよ〜よっぽど金魚好きなんですね〜」
とか
「今日は1日、トイレのドアを開けたり閉めたりしてましたよ〜よっぽど気になるんですね〜」
とか。

迎えに行っても、いつも、同じ場所で、いつも、同じプラスチックの黄色い電車のオモチャを持って、無表情のまま、立っていました。
そして、迎えに来た私を見て、大喜びするわけでもなく、淡々とオモチャをオモチャ箱に持って行っていた気します。
まあ、それがルーチンワークだったんですね〜。

でも、いつものオモチャがお友達に使われていたりすると、結構パニクってたらしいです(^。^;)
皆はそれを知っていて、毎回、カズキに譲ってくれていたらしいです…。

発達障害の子供の中には、多動の子供も多いですが、カズキの場合は全く逆、ジーッとしている時が多かったです。
保育所の裏のじめじめした通路で、1日中ダンゴムシ探して座り込んで、身体中蚊に刺されていたり。
そのまま、皆が給食食べているのに、気付かれずに、しばらく置き去りにされていたり。

言葉の遅いのんびりちゃんと思われていました。

まあ、パニックがまだまだ、癇癪、泣き虫と思われていた時期でした。

ランキングを今日もチェック♪↓
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらにもランキング参加してます♪↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
人気blogランキングへ
banner_04.gif




posted by 川上あゆ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小さい頃のかずきくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

3歳3ヶ月。とうとう運命の時。。

◎気になっていること
 ・やはり同年代の子供たちにあまり興味を示さないこと。
(あまり他人のやっていることに目を向けないこと)
 ・興味が電車ばかりに偏っていること。
(本、おもちゃ、時に食べ物・スプーン・フォークまで電車に見立てて遊んでいます)
 ・会話が少し一方的な感じがします。
(自分のいいたい事は言うようになりましたが、こちらからの問いかけに対する反応が薄いような気がします)

◎出来ること
・言葉での指示に従える。体を使わずに自分の意志を伝えられる。
・パンツ・ズボン・靴・靴下の着脱
・手を使わずに階段を上り下り
・トイレ(おしっこ)を言うようになった
◎出来ないこと
・(10月頃から)うんちがトイレで出来ない。
・「どれが」「誰が」「何が」などの質問に答えられない。
・ボタンのつけはずし上着の着脱・はさみを片手で使う
・両足でぴょんぴょん

◎保育所での様子
・名前をよんで指示しないと動けない。「のび太君、○○しようね」(食事・午睡時も)
・一人遊び(電車遊び)が多い。(最近、近くの子に電車の本を見せて説明したり、一緒に走り回ったり するようこともあるそうですが)
・製作などは呼びかけの説明なしで取り組める。
◎家での様子
・ひとりで電車の本を見ていることが多い。(放っておくとかなりの長時間)
 「見せて」と言うと、うれしそうに本を持ってくるが。
・本を読んでも自分の好きなところしか興味を示さない。
(他のところは次々ページをめくりたがる)
・妹と走り回ってはしゃいでいることもある。

そして・・・この育児相談の時に「自閉症」と診断を受けました。

その時に心理の先生は、かずきの様子を見て、この前とは
打って変わって、それはそれは神妙な顔をして言われました。

「今日の、かずき君の様子を見ていると、やはりかたくなさが
あったり、場面の切り替えが困難なようすですね。」
「自閉傾向があると思われます。」

やっぱりそうだったのか。
やっぱりかずきは普通の子じゃなかったんだ。
私は障碍児のお母さんになったんだ。


そう思うと、涙が止まりませんでした。
それは忘れもしない、2002年12月18日の穏かな日でした。


posted by 川上あゆ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小さい頃のかずきくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

自閉症とは思えません!

これが、初めて発達相談で言われた言葉でした。

「こちらのリアクションをちゃんと見ているでしょう?」
「かずくんが言った言葉を直してあげると、すぐに
 反応して言い直しているでしょう?」

「もっと、関わってあげてください」
「もっと、誉めてあげてください」

心理の先生と保健婦さんが二人で声を合わせて言った。

・・・そうか、かずきは自閉症じゃなかった・・・!
やっぱり個性だったんだ!
そうか、私の考えすぎだったんだ!!

その日は家族で笑顔で家まで帰ってきた。
きっと、自閉症だと言われるに決まっていると覚悟していた私。
ホッとして、マイペースで遊びつづけるかずきを眺めた事を思い出す。

・・・だが、その言葉は、早くも3ヵ月後には覆されるのであった・・。

※そのころに毎日のように眺めていたカードがこれ。
言葉は出ないが、毎日「うーんグ」「うーんグ」と一生懸命
指を指して眺めていた。それが唯一の私とかずきとのコミュニケーションだったような気がする。
posted by 川上あゆ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小さい頃のかずきくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2歳半、葛藤の時期・・・

かずき君、2歳半のとき・・・。
言葉がなかなか出ないのと、同年代のお友達と遊べない事が
気になっていました。

家に帰ると、電車の本を一人で見て、何やら手で指差して
ぶつぶつ言っていたり、電車を一人で走らせたりして、何かと
手のかからない、普通の子供、だと思っていたんですが。

ぼーっと新聞を眺めていると、「自閉症」についてのコラムが
目に飛び込んできました。

「自閉症」の子供は、「積み木を積んで遊ぶのではなく、等間隔に並べて遊んだり」「車を走らせるのではなく、タイヤをくるくる回して遊んだり」、おもちゃで、普通の遊びをせず、違うところに興味を持ち、遊んだりする。
「とびらを開けたり閉めたりすることに没頭したり」「物を一列に並べる事に没頭したり」する。
また、ある4歳の自閉症の子供は、すらすらと本を一人で読んでいる。一見普通の子供だが、話し掛けてもそれに答えることはできない。

他人とのコミュニケーションする事が出来ない。
読むことは出来るが、それをコミュニケーションの道具として、使用することが出来ない、等などが書いてあった。

目の前が真っ暗になった。
目の前のかずきを見た。
かずきは目線の高さの棚に、電車を並べて、1両ずつ、丁寧に、すーーっと走らせては次の1両をすーーーと走らせ、それが全てなくなると、また逆から1両ずつすーーーっと
走らせることを続けていた。

実家にいくと必ずお決まりの扉で延々2,3時間、扉を開け閉めして、不思議に思っていた。
大きなトラックのおもちゃが大好きだったが、それも必ず、腹ばいになってタイヤをじーーーーっと見ていた。
それが済むと、トラックを裏返して、タイヤをくるくる回してそれを凝視していた。

そんな姿が新聞の記事に重なる・・・。
まさか。まさか。
そんなことがぐるぐると頭を回っていた。
でも、まだまだ、新米ママの私に、それを全て受け入れる心の準備などまだまだ無かった。
posted by 川上あゆ at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 小さい頃のかずきくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。