2007年04月01日

叱る前に、状況把握を。

今朝、実家での出来事。

使っていた布団を別の部屋へ持って行く、という手伝いを順調にこなしていたカズキ。ご機嫌で次から次へと布団を持って来てくれる。素晴らしい〜♪

しかし、次の瞬間、ものすごいスピードで布団を持ったまま、「キキキーーーーッ!」と甲高い声を上げながら、壁に突進、左右に蛇行しながら、左右の壁に次々に突進しながら、でも顔はヘラヘラ笑いながら布団を隣の部屋へ投げ入れた!

当然、怒られる。
「ふざけすぎ!」「危ない!」「小さい子にぶつかったらどうする!」

・・・しかし、よく聞いてみると訳があった。

「布団を持って来ようとしたら、赤ちゃん(ハイハイのいとこ、1歳)を踏みそうになって、ビックリして、どうしたらいいのか分からなくなった。」

ただ、それくらいの理由で!?
と、当然ながら、私らは思う。
一緒に実家に泊まっている子供が、その辺りをハイハイしていても何の不思議もない。

しかし、自閉脳は「予測不能の出来事に弱い」のだ。
必死で布団を運んでいる脳みそは、100%布団を運ぶことに集中していたのではなかろうか?
私たちで例えるならば、「布団を運んでいたら、天井から赤ちゃんが降ってきた!?!?」ってな程のビックリ加減なのではなかろうか??
(まあ、これは100%私の想像です・・・)

だから、私達は、彼らを怒る前に、できればその直前にあった出来事を聞いてみた方が良い時がある。
ただふざけている」のではなく、「どうしたら良いのか分からず、ふざけてみえるような行動に出ていること」があるから。

その時には、適切な対処の仕方を教えなければならない。

今回の場合だったら「それはビックリしたなあ(と、本人の気持ちを代弁して、本人に実感させる)、布団を持っていたら下が見えないからね(と、客観的な場面を伝える)。踏まなくて良かったね(と、ナイスフォロー)。踏みそうになって危なかったら、お母さんに『赤ちゃんが危ないよ』ってすぐに言って、それから、ゆっくり歩いて(と、ここ辺具体的にね)布団を持って来てくれたらいいからね」と。
(・・・と言えば良かったと思ったのが、事の起こった30分後じゃ、
駄目なんだけど!?)

ただ叱るだけでは、彼らの行動を理解することも、彼らの自己肯定感を育てることも難しいから。
posted by 川上あゆ at 23:42| Comment(1) | TrackBack(0) | アスペくん in 小学校〜★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の気持ちを伝える1

とうとう4月。

かずきの小学校生活も2年目に突入。
去年の今日、朝から「おはよう!今日、ぼくは小学生になったよ!」
と嬉しそうに言っていたっけ。

「学校は歩いて行くんやで」「お母さんは家でバイバイやで」
「トイレは休み時間に行くんやで」「チャイムがなったら教室に
帰るんやで」等等・・・

分かっているような分かっていないような息子に向かって毎日、
言い聞かせていたっけ。

それが何とか、多少の浮き沈みはありながらも何とか1年。
明日は、前年度の担任との面談。

とりあえずは、この1年のまとめ、という事になるのだが。。
何しろ保育所に比べて、担任との距離があるし、障碍を持っていながらも、お友達に危害を加えるわけでもなく、パニックになるわけでもない
わが息子のような障碍児は何かと見過ごされる。

1学期から何の苦労もなく過ごしてきた訳は全くないのだが、それが
担任に、いや、級友にも伝わりにくい。

クラスには障碍を持っていなくても、あらゆるトラブルや、ハプニングがそこら中で起こっている。

その中で、静かに苦労している障碍児は、毎日、何が起こるか分からない大波の中で、じっと耐えながらもがいている。

今の一番の課題は、「字がきれいに書けない」事でも、「授業中にボーっとして集中できないこと」でもなく、

「自分の気持ちを、周囲に伝えられないこと」だ。

字が汚くても、多少、大勢の中で先生の言葉を拾えなくても、なんてことはない。

自閉君は、私たちから見れば、信じられないような所で不安を感じる。
「時間割が変更になった」「忘れ物をした」「ハンカチを忘れた」
「鉛筆を削るのを忘れた」いや、「先生の髪型が変わった」「先生の
眼鏡が変わった」それくらいでも、地球が破滅するんじゃないか?
くらい動揺する。

「不安だ」「できるかどうか分からない」「緊張してどうしていいのか分からない」「どうしたらいいのか分からない」
・・・健常の子供達でも言いにくいような、こんな気持ちを、どのタイミングで、どれくらいの声で、どの人に言えばよいのか・・・。

それを大人になるまでに、ゆっくりとでもいいから、確実に練習していく必要がある。

その前に、それを練習できるような、信頼できる大人(それが担任の先生だったら最高だけど!?)に、めぐり合えるかどうか!?

来年度の担任&特別支援の先生に期待!
posted by 川上あゆ at 23:28| Comment(1) | TrackBack(0) | アスペくん in 小学校〜★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

2007年03月24日

3度目の通知表〜♪

終業式の当日、かずきに聞いてみた。

母「今日は先生に何もらうんだっけ?」
か「えーーっと。何だっけ?」
母「通知表、もらうんだよね?」
か「うーーん、そうだっけ?」
母「通知表って、知ってるよね?(まさか知らないとでも!?)」
か「通知表、って、何だっけ??


ったく!腰抜けましたわ。。。

いいよいいよ、通知表がなんだい!
通知表で人生が決まるんかい!
通知表良くても、幸せな人生とは限らんぞ!!

そうだそうだ、かずき、通知表なんか気にしない、
△の数なんかに動揺するな!
人柄で勝負だ!大人になったら○の数なんか聞かれんぞ!

・・・でも、2学期に唯一一つあった、◎が・・・なくなってたぞ。。



posted by 川上あゆ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アスペくん in 小学校〜★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。