2007年03月25日

全然違う視点を持つ彼!

今日は私の実家で、フィギュアスケートのエキシビション演技を見ました。
さすがメダリスト達の演技は圧巻!表情も自信溢れて眩しいくらい!一同、ハア〜とため息をこぼす中、若干一名、素朴な疑問を投げ掛ける人がいます。

高橋ダイスケ選手の演技にうっとりしていると、「お母さん、何でスケート場に氷が張ってるの?」「氷の厚さはどれくらいあるの?」う〜ん。意外と分からない。

次に真央ちゃんに可愛い!とにやけていると、「今、時速何キロくらいで滑ってるの?」「スケート場を掃除する機械ってあるよね、あれってどうやってるの?」と。これまた即答出来ない。うーん、と考え込む始末。

その後、中国のペアが息の合った演技を魅せたりしていたが、その度に、「あれ?何で今は氷が黄色に輝いてるの?」とか、「何で選手にだけ光があたっているの?」とか、素朴な疑問の数々。その度に、私は頭を悩まし、結局、ゆっくり演技を愛でる暇もないのであった。

それにしても、人それぞれ、見る視点が違うモノだなあ。

かずき君の素朴な疑問の数々。確かに私たちは同じ画面を観ているはずなのに。
画面のどの部分に注目するか?私たちが選手の体の動き、手、足、顔の動きに注目している間、かずき君は、スケートリンク、照明、早さ等の物質に惹かれ、もっと知りたいと思っているのだ!

私たちが浅田真央ちゃんに憧れるように、かずき君は照明の色にうっとりし、ものすごい早さで流れる背景にうっとりするのだろう。

当然、注目していると思われるものに、注目していると思ってはならない。

授業中、先生の顔を見ているからと言っても、先生の話を聞いているとは限らない。
先生の頭を見て、「何で人間の頭には毛が生えているんだろう?」「そして、目の上には何であんな風に眉毛ってな中途半端な毛が生えているんだ!?」と考えていてもおかしくないのだ。

つくづく、自閉脳の捉え方は神秘的かつ予測不能なのである。
posted by 川上あゆ at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | アスペくん in 自宅♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

大好きなドラえもん!?に見えるかな?

とりあえず、ぶきっちょさんです。

なんとなーく、人の顔が描けるようになったのが年長さん。
年中までは人の顔でも赤やら緑やらのぐちゃぐちゃ描き。
目も、鼻も、口もあったもんじゃなかった。。

でも。最近は結構・・・お!と思うような絵も描くようになったかな?
(と言ってもクラスの中では、お!と思うくらい下手だけどね!?)

ドラえもんも大好き!
この絵も、「わーーん!上手く描けないよお!!もお!!」
と半分パニックになりながらも、一生懸命、テレビの画像を
一時ストップして描いていたもの。

何か、いい味出してるオリジナルドラちゃんじゃない??

doraemon1.JPG
posted by 川上あゆ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アスペくん in 自宅♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。